ジビエは古くから高級食材として愛されてきました!

ジビエとは、

ジビエとは、狩猟で得た自然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。そのため、フランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛され続けてきました。そこでは、動物の尊い生命を奪う代わりに肉から内臓、骨、血液に至るまで、全ての部位を余すことなく料理に使い、生命に感謝を捧げようという精神が流れています。

長野県では県全体でジビエ関係に力を入れており、弊社でも地域活性化のための一つの事業として「ジビエ」関係に力を入れております。

バラエティ-に富んだ開発力と商品力

野生の風味を活かし手間をかけた職人のジビエ料理

豊富なラインナップでお客様の細かなご要望にお応えします。

「ジビエを使ったこんな料理が欲しい!」

その願いをタカ商が実現させます。

信州毎日新聞に取り上げて頂きました。

弊社では鹿や猪のお肉をメインに取り扱っております。

今話題のジビエをメニューに取り入れたい方やオリジナルの加工食品を作りたいという方は是非、弊社までお気軽にお問い合わせください。

食材についてのお問い合わせコチラ

食材についてのお問い合わせ

OEM食品製造に関するお問い合わせはコチラ

OEM食品製造に関するお問い合わせ